| DE+49 89 74034233 | SK+421 944 240088 info@mapindoor.eu

テギングにある旧水力発電所。Verbund Innkraftwerke GmbHの旧水力発電所が、大きな変化を遂げようとしている。この建物は、管理および作業場の建物に改築される予定で、その過程で必要な改修措置が実施される。

発電所と配電盤の建物の改築やリハビリの調査のために、様々なデジタルデータを入手し、利用できるようにしました。計画にあたっては、事前に建築コンペが開催され、Florian Nagler Architektenに発注された。

Vokal+Partner社は、構造物の測定を実施した。3Dレーザースキャニング技術により、正確で詳細な測定データが記録され、その後の計画の基礎となり、現況を正確に表現することができた。
幾何学的な調査と並行して、発電所を360度写真で記録する視覚的な調査が行われた。この写真記録は、追加的な情報源として機能し、プロジェクト参加者に発電所への洞察を提供する。画像はウェブ・ビューアーを通じてアクセスでき、さまざまな関係者間のコミュニケーションと協力を促進する。

MAPINDOOR社は、Revitソフトウェアで建物の3Dモデルを作成する仕事を引き受けた。記録された測定データと視覚情報を基に、発電所の3Dデジタルモデルが作成された。

デジタル・データ・ソースと関係各社の協力のおかげで、水力発電所の現状に関する正確な情報を得ることができた。このデータは、効率的で正確な計画を可能にし、プロジェクト参加者間の建設対策の調整に役立ち、完全な建築資料の作成に重要な役割を果たしている。

これは、改造を計画・調整するためだけでなく、保護された建物を長期的に保存・記録するためにも役立つ。デジタルモデルと文書化により、将来的なメンテナンス、オーバーホール、その他の発電所の改造が容易になる。

良い、そして実りある協力に感謝する。

www.vokal.de